経済学って学問なの?

1名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-03 15:28:07

高校の教科書レベルの景気変動の並とかビルトインスタビライザーとかですら

この数十年の日本の経済状況と合ってないし、相当胡散臭いんだけど

4名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-04 00:00:48

>>1

クソすれ立てるな!

と書こうかと思ったが、

経済学板自体がクソ板だった。。。orz

12名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-06 17:26:21

>>1

> ビルトインスタビライザーとかですら

> この数十年の日本の経済状況と合ってないし

ビルトインスタビライザーは現代でも有効だろう。

日本の場合、デフレという特殊要因がある。

それに社会保障やセーフティネットを完備せずに

消費税を引き上げたり。

227M_SHIRAISHI2012-11-10 06:13:42

>>1

経済学は、未だ発展途上にあるが、科学である( or 科学たらんことを志向している)

ことは、間違い無い。 例えば、「利子率が上がれば、投資は減少する」というのは

立派な経済法則だ。

329名無しさん@お腹いっぱい。2014-01-15 03:01:10

>>1

妄想に決まってんだろ

人間の左脳は勝手に作話=作り話を作り始めるんだよ

368名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-24 18:22:37

>>1

経済学はオカルトです!

21名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-09 15:12:08

靴磨きがある人の靴を磨いていた。

靴磨き 「へえ、それではだんなは経済学者で?」

経済学者「うん、その通りだ。」

靴磨き 「分かりました。磨き賃は要りません。

尊敬する学者さんからは貰えません。」

それを見ていた医学者、やはり靴を磨いてもらう。

医学者 「私は医学者だ。」

靴磨き 「へえ、そうですか。」

医学者 「前の経済学者の時はただだったのに、

どうして私はただにならないんだ?」

靴磨き 「昔から風邪はあった、今もある。昔から癌があった、今もある。

しかし経済学は違う。

昔パンはあった。今は無い。昔肉があった。今は無い。

こう言うもんが学問ってもんだ。」

24名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-15 23:24:26

>>21

意味が分からない

26名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-16 07:04:18

>>24

ソ連を皮肉ってんだろ

28名無しさん@お腹いっぱい。2012-03-25 15:50:04

経済”学”がずれてるのは当たり前

なぜなら、本当のことを知ってるやつは他人に教えたりしない

知ってる奴とは、その知識を利用して金儲けできてる奴だ

そして何が正しいかは時間の経過とともに変わっていく

77名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 09:19:51

>完全競争を含んだモデルが実体経済において最適なのは自明だけどね。

完全なアホを晒すなよw

完全競争のモデルって式が建てやすいから。

ところで完全競争を満たす経済システムで動く国ってどこですかwww

(寡占市場が実際には多く見られますね)

81名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 14:00:18

>>77

論点ずれてるよ。

理想的な経済は完全競争だが、完全競争が理想的な経済ではない。

たとえば遠い未来の情報技術等で実現されているかもしれない。

ただ理想は理想、現実は現実で考えていこうという話。

82名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 14:05:15

>>81

>理想的な経済は完全競争だが、完全競争が理想的な経済ではない。

????????

89名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 16:50:01

国?

普通常識があれば○○市場とか分類するけどね

よく例に出されるのが金融市場とか?

あとサーチ理論で分析対象になるように、

分権的取引が中心の労働市場であれば完全競争とは言えないわな

いずれにせよその状況も分析の対象になってるし、

マクロモデルに取り入れられてるけど?

まぁとにかく君のような不勉強なのがいくらしょーもない批判したとこで

経済学は十分君の浅はかな知恵で思いついたことぐらいは既に分析してるけどねw

君より何倍も頭いい学者が分析してるんで

92名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 16:57:55

>>89

>君より何倍も頭いい学者が分析してるんで

せんせー、人間の頭の良さをどうやって数値化、比較するんですか?

105名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 18:58:04

>>92

ジャーナルに載った論文数

102名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 17:52:43

企業主体はわざわざ、競争相手に利益を分配する商売(慈善事業)をしない。

慈善事業は税金負担などを減らすためだけ。

商売したことが無く、空論を論じて税金で生活しているのは、

このスレに何名かいる経済学部の自称研究者か院生だね

彼らを早くリストラすべきwww

103名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 17:54:38

>>102

おいおいオナ禁中か

イライラするとお肌に悪い

108名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 19:19:46

>>105

経済学のジャーナルは、金融工学や明瞭な統計モデルを除き、

所詮は「社会科」だし、地域や国事情や思想にも左右される。

「天動説」が正しい査読方針なら、「地動説」の論文は載らないな。

その意味で >>105 は賢くない。

114名無しさん@お腹いっぱい。2012-09-17 22:05:16

>>108

>「天動説」が正しい査読方針なら、「地動説」の論文は載らないな。

どれがジャーナル・オブ・天動説だよw

適当に言いすぎ

122名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-06 11:40:48

ちがう!絶対にちがう!

こんなクソ経済学が学問であるものか!

123名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-06 23:46:15

>>122 賛成。

125名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 00:44:04

経済学は学問じゃないよ

経済について全然説明できてないんだもん

128名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 00:54:47

>>125

君が計量経済学を知らないだけでしょw

君が経済学を理解できないことと経済学が本来抱える問題は全く別だからねw

135名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 05:39:57

計量経済学とやらで実証できるの?

社会科学って、実験しづらいのがネックというけど

140名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 17:25:10

>>135

例えば理論から「金融緩和したら生産が増加する」という命題が導かれたとしよう。

でも、もし実際のデータが「金融緩和しても生産は増加していない」という事実を示していたら、

理論が現実と矛盾することになる。よってこの理論は説明力を持たないという結論が得られる。

計量経済学はこのときの実際のデータを分析する際に用いられる。

136名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 10:59:33

需要と供給と言う考え方が微妙 線引いて交わったところが適正価格とかアホ

株も為替も場の雰囲気で常に買われすぎ売られすぎをいったりきたりw

そもそも一般消費財は定価があるものがほとんど 定価があるから材料価格も極端

な生産や買い付けも抑制されて比較的安定価格になっている

需要と供給は関係あるけどメインじゃない 線引いてなにしてんの?wwww

141名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 17:38:31

>>136はもっときちんと初歩を学んだほうがいい。需給が一致するように価格が決まるだけであってそれは別に「適正」価格

というわけではない。一般消費財は定価があるものがほとんど? 現実において定価でモノが売買されているとでも?

液晶TVに定価をつけたら値崩れが防げるのか?w

最初に価格があるのではなく、需給があってそれから価格が決まる。例えばオークションを考えてみろ。

ちょうど需給が釣り合う(=買いたい人が一人になる)ように価格がどんどん上がるだろ?

144名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 20:40:26

>>140

実際のデータをもとにと言っても、

普通は景気が悪いから金融緩和をしているのが

データに現れるのだから

金融緩和の程度と生産には、少なからず負の相関があるのでは?

どうやって「金融緩和したら生産が増加する」という因果関係を識別するのですか?

167名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 00:35:33

>>141

そう来ると思ってたw 定価に対して安売りするのは値崩れじゃなく戦略 需要があっても

値下げする 生産効率が上がれば値下げする 需要と供給である程度影響はあるけど価格は

決まらない

お前はコンビニでいちいち価格交渉しているのか?

需要曲線と供給曲線ひいて価格を決めてるのか?wwwwwwww

ついでに言うと 原油価格が暴騰した時石油の生産が極端に落ちたわけではなかった

また消費が極端に増えたわけでもない 需要と供給は大きく変化してないのに暴騰した

投機マネーで価格が上がっただけだった 線引いてなにしてるの?www

146名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 21:03:08

>>144

ある変数の最適予測を行う際に過去の他の変数が予測の平均二乗誤差の減少に貢献するか否かを検定して、

他の変数からある変数への因果関係を推定する方法があります。

170名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 00:47:53

>>144

同時点内なら相関関係から因果関係を導くことは難しいが、異時点間ならある程度可能になる。

例えば金融緩和をしたのがt時点で生産量増大がt+1時点に実証的に観測されたとする。このときt+1の景気の状態が

t時点の金融政策の判断に影響を与えることは考えにくい。(未来に「起こった」出来事が現在の出来事に影響を与えるだろうか?)

よって因果の方向はt時点の金融緩和→t+1時点の生産量増大となる。

ただし、実はこれは厳密な意味の因果関係ではない。例えるなら「空が光ったら雷が落ちた」ようなものである。(光が雷を生み出したわけではない)

なので実証的な分析から必ずしも厳密な意味での因果関係を示すことは難しいが、少なくともこうした実証分析により

理論が現実と「整合的か否か」は検証することができる。現実と整合的である理論は現実を100%説明しているとも言えないが、100%説明していない(間違っている)とも言えない。

しかしこのようなプロセスを積み重ねることである程度説明力がありそうな理論を構築することが可能ではないか、と経済学者は考えていると思う。

145名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 20:50:44

140じゃないけど、ローマーがどっかの講演で財政政策で同じような話してたね。

財政は州によって適応タイミングとか適応されるかどうかの違いがある所を探して比較する、とか言ってたなぁ。

金融緩和の場合は単純にかんがえれば同じようなケースで金融緩和されなかった場合とされた場合を過去の歴史から探して比較するとか、国別でそれ以外の条件がかなり揃ってる所で比較するとかじゃないかなぁ。

国が分裂して片方が緩和的、もう片方が緊縮的な例を探すとか。

なんにせよ、いかにも計量経済学の話題には思う。

147名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 21:07:53

>>145

ありがとうございます

でも、>>135で示した疑念は晴れず、納得はできません。

実験でもない限り、金融緩和するしないを分けるのは景気要因によるものだと思いますし、

よしんばあったとしても、きれいに条件が揃うケースは稀で、十分なサンプルサイズを確保できないと思います。

151名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 21:45:58

>>146

ありがとうございます

でも、文章がよく分からないです。

>>140の例だと

被説明変数が生産、説明変数が金融緩和の程度とした回帰に、過去の金融緩和を説明変数として加えるということですか?

ごめんなさい、理解できてません

方法の名前を教えていただければ、ちょっと勉強してみます。

153名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 21:58:34

>>151

いや一国の経済分析に回帰分析って今はほとんど使われてないよ。

ある2つのデータの系列が非定常(経済データはほとんど非定常)で

それらを回帰させても見せかけの回帰が生じる可能性があるからね。

因果関係と相関関係は別に議論ってこと。

時系列解析について勉強すればいいと思います。

157名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 22:21:39

>>153

ありがとうございます。

グレンジャーテストっすね。

分かります。

160名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 22:38:07

>>157

グレンジャーの意味での因果と、>>144の因果を一緒にされた時点で、話が通じないと思いました

163名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 22:59:01

>>161

>>140のような、経済学の命題の正しさの検証なら、説明力より頑健姓のほうが大事だと思うが、怖いこと言うね

165名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 23:25:06

>>163 すんませんね。あんまコンテキストを深く考えずにレスした。

まぁモデル推定、特にパラメータ自身を過去の系列から求める類のモデルの上に何かを積み重ねてあなたを説得しようとは俺は思ってないけどね。

でも>>147 みたいな疑問には実証系の人はちゃんと誠実に対応してるとは思うけどなぁ。事例が十分に集まればそれなりにロバストな事は言えると思うし、今それを頑張ってる過程の経済学はスレタイ的には立派な学問と言って良いんでないの?ダメ?

166名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-07 23:38:39

>>165

>今それを頑張ってる過程

頑張ってるのはどうでもいいが、>>128以降のクソみたいな煽りは腹立つ

174名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 01:06:10

>>167

>需要と供給である程度影響はあるけど価格は 決まらない

影響があると自分で認めているのでは?

>ついでに言うと 原油価格が暴騰した時石油の生産が極端に落ちたわけではなかった

なぜ落ちる必要がある? 需要が増えて(需要曲線が上にシフト)供給曲線が一定だとすれば、生産は増大するわけで何の矛盾もないが。

>需要と供給は大きく変化してないのに暴騰した 投機マネーで価格が上がった

ここが間違い。これは(投機目的で)需要が大きくなったから石油の価格が上がったんだろ? 多くの人が投機目的で石油をたくさん欲しがったから

価格が上がったんだろ? 需要が変化していない? それは嘘だ。需要が増大したから価格が上がったんだよ。

187名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 10:43:51

>>170

t期の景気の状態と、t+1期の景気の状態って相関するとは思うので、

景気→金融政策の逆因果を完璧にコントロールしてるとは思えないです。

176名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 01:19:17

>>174

石油の需要が伸びているところに中東不安が重なっただけで極端に需要が増えたから

値上がりしたのではない

需要と供給と投機をごっちゃにしているところがいいねw 現在経済学だな だから

ゲーム理論とか必要なんだよなwwwwwww

181名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 02:07:55

>>174

石油の消費量を需要 石油の生産量を供給と言い換えただけでわからなくなっちゃってるなw

さすが経済学 単位を取るための学問w

誰も需要曲線と供給曲線を引く意義を答えられないwwwww

そんなのも分からずにドヤ顔で経済を語るなよ

177名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 01:29:13

176は何が言いたいのか全然分からんなぁ。

174の言うとおりに見えるが。

なんでゲーム理論とか現代経済学とか出てくるの?

178名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 01:32:50

>>177

なら、まず原油の需要曲線と供給曲線を特定してくれ

180名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 01:56:25

>>178 特定してくれ、ってそれっぽい需要曲線描いてアップしろ、って意味?

それなりな弾性値とかが読み取れるようなグラフ描けというなら俺には出来ないが。

174のレベルなら需要曲線は単調減少、供給曲線は単調増加、くらいで十分に思うが。

っつーか何が言いたいんだ?ほんとに。

182名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 02:10:05

>>180

需要曲線がシフトするって平気で使うけど

シフトした際に曲線の傾きは変化しないんだよな?

もし変化するならそもそも全く別の曲線を引き直すことになるから

理論的に説明したって言うよりむりやりこじつけるだけなんじゃ?

そもそも需要曲線が存在するんじゃなくて取引の成立した

価格と量の組み合わせが存在しているだけではなくて?

次に曲線の傾きが変化しないのならその根拠を示して!

183名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 02:22:19

>>182 上にシフト、と言う場合、傾きが変化しても、任意の価格で需要量が元の値以上であれば議論の内容に変化は無いと思う。

そして普通は傾きは変化すると思う。

投機マネーはファンディメンタルとは関係ない、と言いたかったのかなぁ。

経済学だとファンディメンタルかどうか、とかは区別しないんで意味が分からなかったが。

184名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 02:30:57

>>183

>任意の価格で需要量が元の値以上であれば

言いたいことはわかるんだけど、これをどう証明するんだよ

100円のときの需要量

200円のときの需要量

300円のときの需要量

どうやって計測するの?

俺には毎度都合のいいに線を引いているようにしか見えないね

212名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 21:59:38

>>183

>上にシフト、と言う場合、

需要曲線は右か左にシフトするのであって、上にはシフトしませんね。

191名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 12:54:19

>>184 需要曲線のちゃとした形が分からない事はあるんじゃないかな。

調べられる場合もあるだろうけど。

定性的な特徴織り込んでるだけの場合はおっしゃる通り毎度都合の良いように引いてるだけだが。

別に定性的な特徴を織り込んだだけの一般の関数に対して数学的にやりたいならやれば良いと思うが、そこにこだわる気持ちは分からんなぁ。

むしろそういう方向に進みがちな昨今の経済学を批判する気持ちの方が自分は理解しやすいが。

210名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 21:24:37

>>187

もちろん相関はする。というよりも回帰分析では相関関係しか特定することができない。

しかしt+1時点の景気がt時点の金融政策に因果をもつことはありえない。どうすれば未来の出来事が過去に影響を与えることができる?

来年景気がよくなった(予想ではなく実際に起った事実)から、今年金融緩和をしたというような説明は非現実的だろう。

なので因果は金融緩和→生産量増大となるわけだ。よりわかりやすい例を挙げると、実証的な調査により「前日にお酒をたくさん飲めば飲むほど

次の日に二日酔いになりやすくなる」という事実がわかったとする。これから考えられる因果関係は、お酒→二日酔い、二日酔い→お酒の2つ。

もちろん、前者が妥当なのは言うまでもない。

213名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-08 22:01:57

>>210

疑問を上手く伝えられなくてすみません

あなたが上げてくれた例を悪用すると

実証的な調査により「前日に『薬』を飲んでる人は、

次の日は『病気』である」という事実がわかったとする。これから考えられる因果関係は、薬→病気とするべきなのか

って問題点ですよ

231名無しさん@お腹いっぱい。2012-11-10 20:51:34

>>227

>「利子率が上がれば、投資は減少する」というのは立派な経済法則だ。

なるほど。

経済学を学ぶってことは、結局、そのような経済法則を数おおく学ぶってことですね!

228名無しさん@お腹いっぱい。2012-11-10 11:11:41

数式を駆使したらその時点で実証科学的だという即断は

経済学をむしろ後退させてしまった。

232名無しさん@お腹いっぱい。2012-11-11 05:10:17

>>231

> 経済学を学ぶってことは、結局、そのような経済法則を数おおく学ぶってことですね!

御意。

233名無しさん@お腹いっぱい。2012-11-11 15:40:05

文学批評でも数式で表現しようと思えばできないことはないんじゃね?

ただしそのぶん手の込んだややこしい数式になると思うけどw

234名無しさん@お腹いっぱい。2012-11-12 21:43:43

>>233

「利子率が上がれば、投資は減少する」って《論理法則》を数式で表わされるものなら表わしてみな。w

238名無しさん@お腹いっぱい。2012-11-13 15:47:37

そもそも 「利子率が上がれば、投資は減少する」 が文芸批評に見えちゃう男の人って…

240名無しさん@お腹いっぱい。2012-11-13 20:49:58

>>238

>>233がそんなことを言っているか?

文芸批評でさえ数式で表現できるんじゃないかと問うているだけだろ。

だから数式で表現できるからって「それだけで」文芸批評以上に科学的だ

という意味にはならんということ。

246名無しさん@お腹いっぱい。2012-11-13 21:51:36

>>240

>>234がそんなことを言ってる

254名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 03:08:12

学問の定義は、一応「知識の体系」ということらしい。

で、まず経済学に知識はあるか?と問うたら、

ないんだよね。

現実とほど遠い仮定をおいて、

算数ごっこしてるだけだからね。

現実の知識が活かされてないのだから、

知識の体系ではないことになる。

よって学問ではない。

269名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 23:41:39

>>254

>学問の定義は、一応「知識の体系」ということらしい。

>で、まず経済学に知識はあるか?と問うたら、

ないんだよね。

>現実とほど遠い仮定をおいて、

算数ごっこしてるだけだからね。

>現実の知識が活かされてないのだから、

知識の体系ではないことになる。

>よって学問ではない。

そもそも、このレス自体がアレだろ。

学問の定義を決めるには、「知識の体系」(笑)なんかよりも、科学哲学のポパーの反証主義を参考した方がいい。

それによると、経済学は計量的な分析をしていて、一見反証性を満たしてるように見えるが、

効用関数みたいな反証不能なところもあるから、科学哲学的に言うと、黒とも白とも言えないグレーな学問っていうのが一番妥当だと思う。

文学とかよりははるかに学問と言えるけど、自然科学には遠く及ばないっていうのが、科学哲学的に妥当なポジション

257名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 06:17:00

だって254によると程遠い仮定おいてて現実の知識なんて活かされない理論は

知識の体系ではない、真理とは異なるものだから効果なんてあるわけないってことでしょw

効果があれば真理の体系になっちゃうんだからw

260名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 17:38:53

>>257

スレタイ嫁

262名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 20:23:48

ん?じゃあどこを否定してどこを否定していないのかちゃんと明示してくれる?

リフレ派もバラマキケインズ理論も経済学だよね?

263名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 20:28:02

>>262

「必ず成功する」の否定命題は?

264名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 20:36:37

>>263

成功しちゃったら逆説的に「現実の知識が活かされる」ことになっちゃうでしょ?

265名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 20:57:33

>>264

スレタイ嫁

といってもわからんようだから、

お前が如何に馬鹿かわからせてやろう。

いいか、ここでは経済学は学問か?ということを話している。

学問が実際に役に立つのか?実際に役に立つ知識なのか?

ということは議論していない。

知識が全て役に立つとは誰もいっていない。

知識というのは、それだけで役に立つ場合もあるだろうし、

役に立たないものもあるだろう。

わかるか?

もしかして、馬鹿すぎてわからんか?(笑

270名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 23:47:26

>>269

顕示選好法や表明選好法によりパネル分析なりしてミクロ計量分析する手法など数々ありますが?

ちなみにミクロ的基礎のないケインズ理論はポパーの反証可能性でいうとトンデモの部類

272名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-10 23:58:02

>>270

アレのパラドックスがあるじゃん。

プロスペクト理論を導入しても、まだ解決できてない部分はある。

経済学で今一番深刻になっているのは、時間割引率の問題かな。

Exponential DiscountingでもHyperbolic Discountingでも説明出来ないことが発見されているし

2732692013-03-11 00:02:11

>>270

あと、オールドケインズの理論は実証研究で散々否定されているし、よくポストケインジアンが主張する

ISLMとかじゃないケインズオリジナルの理論は、そもそも反証性がないから、マル経と同じ疑似科学に分類される

316名無しさん@お腹いっぱい。2013-10-29 23:25:40

物理なんて所詮神が作った世界から変わってないもの解明するだけだからな

経済という人の心理がからむという複雑なもの相手にしている訳で

何故かその心理と言うものをとにかく無視するような研究多いけど

317名無しさん@お腹いっぱい。2013-10-30 23:21:43

>>316

人の心理なんて経済学の苦手な分野じゃん

経済学は、政治哲学・イデオロギーがあってようやく

役に立つ学問

386名無しさん@お腹いっぱい。2014-07-18 07:13:10

経済学って、学者の人たちがなにか言った瞬間から、それを踏まえて人は行動を変えてくるんだから、

学問っていうかスローガンにしかならないんじゃないの?

387名無しさん@お腹いっぱい。2014-07-18 22:22:27

>>386

それは本来は経済学の範疇ではない

つまり経済学者が政治活動した結果というのは、政治の話であって、経済の話ではない

また、経済学者が誤った情報を流した場合は、情報の非対称性の問題として考えられる

これは市場の失敗の一因とも言える

政府の介入と同じ「外部性」にあたる

問題はその外部性の扱い方の部分にある

外部性自体は経済学の問題点とは言えない

390名無しさん@お腹いっぱい。2014-07-22 11:33:14

>>387

間違った情報じゃないとしても、「経済」を構成するものの行動に、経済学者が決して少なくない干渉をしてて、

そうして出来た「経済」を更に研究するってのがどうもしっくりこないんだよな。

400名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-25 18:44:35

需要と供給で株価が決まってることは確かでしょう?

需要と供給がどう決まるかについてできるだけ経済的なものについては

考えるのが経済学でしょう?それいがいの心理の変化とかは経済学の外

できまるものです。経済学は詭弁ではありません

413名無しさん@お腹いっぱい。2014-10-24 13:39:43

>>400 でたw 馬鹿信者 原価+αが価格の基本だ それに需要と供給のプレミアが

乗ったりすることもある 株や為替は原価の概念がなくむしろ特殊だ

すこし考えればわかるだろ?需要と供給は価格形成の一部だ これが本体ではない

403名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-26 07:09:23

詭弁の経済学と真正の経済学があるとして

詭弁を弄する詐欺師が経済学者を名乗って

社会に多大な影響を与えているなら、

「経済学は詭弁である」と社会は認識する

真正な経済学が実在するなら

死んだ振りしてないで声を上げてみなさい

404名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-26 07:23:22

人殺しする人たちは社会に多大な影響を与えているよね

刑務所だってあるわけだし、そのためのお金もかかってる

だけど人間は人殺しだとそのことから社会は認識しない

だから>>403は頭の足りないあほんだら

406名無しさん@お腹いっぱい。2014-08-27 13:02:37

>>404

そんなこと言ってるから

「経済学は詐欺師の詭弁」って

大多数の国民に言われちゃうんだよ

これ以上社会を壊すのはやめてくれ

少しは社会をよくするために貢献してみせろよ

408名無しさん@お腹いっぱい。2014-09-09 19:01:30

>>406

>>404は詭弁にも値しない屁理屈だが、経済学が詐欺師と思われる理由の一つに自分の説をあたかも確立された定説であるかのように主張するものが多いというところだと思う

森森森 朝三暮四はきらいです ‏@morimori_naha 9月6日

@morimori_naha ↓経済学が科学だというのなら、素人を権威主義で圧殺するのではなく、不変の普遍性をもう少し全面に打ち出してみろよ。10人経済学者がいれば、結論は11あるという自虐的なジョークもあるじゃないか。

411名無しさん@お腹いっぱい。2014-09-27 13:03:09

今の日本にまともな経済学者がどれだけいることやら。

ほぼ全員が現象に対して後付の空論垂れ流して悦に入っているか、

もしくは反日活動に精を出しているだけ

415名無しさん@お腹いっぱい。2014-10-24 14:19:53

>>413

価格決定の本体は労働価値か?

猿が穴堀をしてもGDPはあがらないが、上野公園の猿が

客にむかってなにか腹芸をしてニュースで報じられて

客が増えればGDPはあがる。

糞をするための穴堀は猿にとって必要だが、人間相手に

道化を演じるのは猿社会にとってはつまらないこと。

だから猿はGDPへの貢献なんて気にしなくていい

426名無しさん@お腹いっぱい。2014-10-27 00:57:23

>>413

原価は何で決まるのかね?

答え、需給バランス。

430名無しさん@お腹いっぱい。2014-10-28 06:10:38

>>415

おまえのくだらない喩え話は意味もない

425名無しさん@お腹いっぱい。2014-10-27 00:56:46

では、ワクワクしている人を増やすのは

大切な成長戦略ですね。

競走ばかりしてるとみんなヘトヘトに疲れて

萎れてしまうんじゃないですか?

427名無しさん@お腹いっぱい。2014-10-27 00:59:11

>>425

だから安倍総理はアベノミクスで日本経済は景気回復です!と

アメリカにまで行って宣伝してるではないですか

そんな宣伝で、ウキウキワクワクこれからは好景気だぁ〜

と人々がおもえばしめたものです。実際景気が良くなりますから

428名無しさん@お腹いっぱい。2014-10-27 00:59:49

>>426

労働価値で原価は決まります

441名無しさん@お腹いっぱい。2014-11-02 16:17:24

よおわからへんねやけどそんなことは竹中とかそんな新自由主義の人として

あんたが考えとる人に直接いうたったらええだけの話やろ。メールアドレスも

あるやろし。あほなんちゃうか?

442名無しさん@お腹いっぱい。2014-11-03 01:03:49

>>441 ほんにんにいってもしゃあないやろ お前ら一人ひとりが何か考えないと

意味がないんや 何も考えないでボケーと教科書鵜呑みにしてる おまえが

あほなんちゃうか?

444名無しさん@お腹いっぱい。2014-11-03 02:20:39

>>442

新自由主義なんて、やっとる人が自分のところに金が転がり込むように

社会のしくみをかえることやろ。そんなんやっとる人が悪ければ悪い社会に

なるし、やっとる人が良ければ良い社会になるわ。だから苦情があれば

やっとる人にいわなあかんやろ。お前あほか?

504名無しさん@お腹いっぱい。2015-08-01 11:06:33

経済哲学 〜初級編〜 https://youtu.be/OXr_xu0Mr3c

経済哲学 〜中級編〜 https://youtu.be/6zyzuOCAVq0

経済哲学 〜上級編〜 https://youtu.be/MefYRS01rXE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする