会計の歴史

1世界@名無史さん2011-03-05 20:48:39

古くは粘土板の記録から、

単式簿記、複式簿記

19Cから発生主義会計

20Cには当期業績主義会計

最近はIFRSなど、色々と語っていきましょう。

3世界@名無史さん2011-03-05 22:16:12

現代の会計すら分からなそうな底辺の集まる板なのに

その歴史を語れるやつなんてこの板にいなそうw

36世界@名無史さん2011-11-28 23:14:04

>>3

の予言が当たってしまったのか

4世界@名無史さん2011-03-05 22:18:59

簿記会計の起源は半島にあった、という説はあれから補強されているのか、

それともこけているのか、どっち?

5世界@名無史さん2011-03-05 22:35:34

>>4

半島のは独自に複式簿記?を編み出しただけで

古代日本の勾玉製法よろしくその後失われて、

日本中国はおろか朝鮮ですら使われなかった。

東アジア圏の近代複式簿記の起源自体が福沢諭吉が訳したアメリカの簿記教科書が初なので

簿記会計全体の起源が朝鮮半島というのは考えにくいかと。

よしんば複式簿記会計を朝鮮が生み出していたとしても(ありえないけど)、

その後の継続企業の前提とそれを元にした発生主義会計を生み出していないのであまり意味はないですね。

8世界@名無史さん2011-03-05 22:59:32

>>5

古代朝鮮で簿記が生み出されて

それがイタリアに渡って近代会計が生まれたとも考えられるぞ

10世界@名無史さん2011-03-05 23:06:05

>>8

貨幣制度も資本主義も未発達なのにどうして複式簿記がありうるの?

9世界@名無史さん2011-03-05 23:03:53

役所の会計も複式簿記を導入しろ、という声が強いがいまだ実現せず。

一部の企業会計で行われているだけ。

一般の人に、役所の会計は収入と支出が全く無関係に動いてる、というと不思議な顔をする。

収入と支出のバランスを取らなければおかしなことになるんじゃないの? と思うのである。

実は、調定と収入、支出負担行為と支出、これがそれぞれでバランスしていて、

さらに予算制度と絡んでる、というわかりにくい制度。

11世界@名無史さん2011-03-05 23:13:11

>>9

>実は、調定と収入、支出負担行為と支出、これがそれぞれでバランスしていて、

>さらに予算制度と絡んでる、というわかりにくい制度。

一般人の俺はさっぱりだわ、詳しく説明してくれませんか?

12世界@名無史さん2011-03-05 23:16:29

>>10

優秀民族だから

20世界@名無史さん2011-03-07 08:06:42

小遣い帳の、収入・支出・残高、というのが単式簿記の最も簡単なものなわけだが

21世界@名無史さん2011-03-08 00:46:46

>>20

一応前近代で単式簿記習得者が有技能者として優遇されてたところを見ると

単なる小遣い帳よりかなり複雑な代物っぽいね>昔の単式簿記

23世界@名無史さん2011-03-08 10:03:07

複式簿記ってのは、出資者に対して決算を報告し配当するための必要から

編み出されたものだから、貨幣経済が未発達で、出資という制度がない社会

からは発生しようがない。

25世界@名無史さん2011-03-08 21:31:14

>>23

それはどうだろう

収入と支出の記録をしていたら、収入と支出の差額が資産負債になるって

自然に気づくか気付かないかってだけで単式簿記さえあれば複式簿記の自然発生は簡単だと思う。

ただ、定着するには貨幣経済の存在が不可欠だと思うけど。

27世界@名無史さん2011-03-09 00:17:30

史学科行って将来不安で簿記の資格取った人いますか?

僕は日商2級を取りました^q^

30世界@名無史さん2011-04-24 00:52:23

会計用語の翻訳はもうすこしどうにかならんかったのか

賃借対照表、損益計算書、借り方、貸し方・・・

いくら会計の原則が「保守性」だからって明治のわかりにくい翻訳を使い続けてるってのは・・・

31世界@名無史さん2011-04-24 13:16:37

>>30

それに関しては現在に至るまで制度会計側の意地のようなものがあるようで

経営学始め近年の横文字氾濫の中

「包括利益の表示に関する会計基準」と「変更誤謬に関する会計基準」が

晴れてこの4月1日から施行になるなど

意地でも俺達は明治以来の漢語用語を使い続けるんだぞーという心意気が感じられる。

何年か前に公表された概念フレームワークも21世紀のものとは思えないような

無理やりな漢語訳、文語調な文体が数多く散りばめられ毎年多くの初学者をドン引きさせてる。

まあ経営学用語や理系用語の横文字至上主義もあれだと思うけどね

41世界@名無史さん2012-05-20 22:46:54

>>31

そもそも経営用語ってどうして横文字はんらんなんだろう?

経営者、経営学者が横文字使うのがかっこいいと思ってるからなのか、

それともそういうのを訳する基礎知識がないのか。

44世界@名無史さん2012-07-14 01:38:24

>>36

いまごろこのスレの存在に気が付いたんで…。

>>27

逆に、史学科へ行ったけど専門を生かした職業がないんで

フツーの会社の就職して、経理に配属されて実務をしているうちに

簿記3級取った。

2級は難しすぎて挫折。転職して原価計算の要らない所に行ったので

今の所必要はない。

37世界@名無史さん2011-11-30 08:01:06

以前、商業簿記に慣れようと家計簿を複式簿記で始めたか、これがめんどくさいめんどくさい、すぐにやめた

38世界@名無史さん2011-11-30 17:55:22

>>37

ローンとデカい固定資産(住宅・車など)を抱えてない限りは、意味もほとんどないやん。

53世界@名無史さん2012-12-03 14:44:50

>>41

詐欺用の用語なんじゃ?

イメージ戦略を優先して、内容を曖昧にする。

46世界@名無史さん2012-09-30 03:13:54

日本も国際会計に統一するところだけど、

今後、国際間の企業の比較が容易になると言うことか?

47世界@名無史さん2012-10-26 23:56:26

>47

基本的にはプッシュ方式による生産が衰退して、プル方式になると思う

統一化の流れは問題視されてるから、あまり期待しない方がいいよ

48世界@名無史さん2012-10-27 00:00:45

>>47

ん?

管理会計の話か、たしかにIFRSの原則主義では

会社のありのままをあらわすために管理会計も重視されてるな。

まあ、ただIFRSアドプションはアメリカの後退によって先が見えなくなってきたから

管理会計が欧米のように重視されていくかは分からんよな。

56世界@名無史さん2012-12-18 02:02:03

試験にも出ず、書籍自体少ないし、歴史は重んじられることがないよなぁ。

漏れは文学部だったから分らないんだけど、商学部は会計史の授業とかあるの?

59世界@名無史さん2012-12-28 21:03:38

>>56

歴史の領域に入ることもあったよ。

入門科目で現行基準を徹底的に叩き込まれ

その上で専門科目で教授の専門領域を学ぶが

教授が会計制度の歴史展開に興味があれば

そんな話をずっと聞かされる。

俺のいた地方の国立大ですらそうだったんだから

早稲田や一橋、神戸といった会計教育で全国的に名高い大学であれば

専門の科目もあったんじゃなかろうか。

63世界@名無史さん2013-01-29 22:16:31

日商簿記三級の勉強をちょうどやってるとこだったので、ちょっと興味湧いてスレ覗きました。

70世界@名無史さん2013-06-19 01:54:45

いや、言ってたぞ

アメリカに対してTVコメンテーターたちが文句言ってた

政府が言ってたわけじゃないが

76世界@名無史さん2014-02-06 11:16:01

無限に発行してもそれを引き受ける金融機関が・・・

80世界@名無史さん2014-04-14 21:59:01

>>76

日本銀行が引き受ければ、いいという声が

84世界@名無史さん2014-10-14 21:06:51

>>80

そうらしいね

90ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2015-05-29 20:54:39

>>87-89

中華の技術力をなめてもらっては困る

既にこのレベルでは日本の遥か先をいってるんだぞ、、、

紙幣を飲み込む「賢い」計数機

紙幣計算機に髪の毛が!巻き込まれた女性、頭皮ちぎれる—中国湖南省

94世界@名無史さん2015-10-24 06:35:26

まさに中国版“豊田商事事件”…レアメタル市場破綻「金返せ」の大合唱、政府“お墨付き”に激怒

中国にある世界最大級のレアメタル(希少金属)取引所で投資商品が換金ができなくなり、投資家の怒りが爆発した。中国政府お墨付きの高利回り商品だと信じて、資金を投じた…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする