数学的な経済学から社会学的な経済学へ

1名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-16 04:57:03

21世紀に顕著な経済学の脱・数学の傾向と、

それに反比例した社会学・心理学への接近について議論しよう。

文系の数学嫌いを罵倒する場ではなく、「最近の若者」を歎く場でもないので、そのような目的での利用は禁止。

あくまでも方法論としての数学的アプローチ、社会学的アプローチの意義と限界を述べるスレッド。

18名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-22 00:41:16

>>1

>反比例した社会学・心理学への接近

ってなんじゃ?

385名無しさん@お腹いっぱい。2012-08-24 08:49:47

>>1

そもそも数学的アプローチと社会学的アプローチは対立するものではないからなあ。

数学は道具で、社会学ってのは視点。

現象を社会学的な視点で分析して数学を用いて表現するのが数理社会学。

31名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-22 22:12:20

だって数学便利じゃん。モデルを数式で表せる。モデルの数学的妥当性を検証できる。モデルの数値解を求められる。グラフ化できる。シミュレーションできる。数学が分かれば誰でも理論が理解できる。

歴史学ですら岡崎さんや鎮目さんみたいな人達は数量的アプローチをとってるのに。

要はモデルの妥当性をきちんと実証研究で示せばいいだけでしょ。

経済学は文学とにていて、難しい数式や単語を使う必要は全くないけど、数式や単語がない経済学や文学は成り立たないわけ。

32名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-22 22:24:44

>>31

Q:数学的アプローチの意義は?

A:だって数学便利じゃん。モデルを数式で表せる。

Q;モデルを使う意義は?

35名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-22 22:44:03

>>32

馬鹿なの?実証研究出来るのも数学使ってるおかげだよ?

36名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-22 22:46:16

>>35

Q;モデルを使う意義は?

A:馬鹿なの?実証研究出来るのも数学使ってるおかげだよ?

読解力のない奴だな

一体どんな教育を受けてきたのやら?

37名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-22 23:14:41

>>36

ねえねえ君真性なの?

69名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-26 20:14:46

10年前、複雑系「ブーム」なんてものがあったそうです

学問は真理を探求するものならば、「ブーム」なんておかしいんじゃないか?

95名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-01 13:23:26

>>69

もっと昔。1995年頃

88名無しさん@お腹いっぱい。2011-07-28 17:40:38

>AがBに正の影響を与えてるかどうかをデータ使って調べたいとき

ぶっちゃけ統計学使ってもそれはわからない

相関関係があるからといって因果関係があるわけじゃないから

93名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-01 08:01:04

経済学徒「経済学は国際的には理系に分類され、高度な数学を使う科学だ(キリッ」

96名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-01 13:41:55

>>93

理系・文系ってわりふりが国際的じゃない。

98名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-01 17:26:27

>>96

それは俗説。アメリカやドイツでも文理の区別ははっきりしている。

117名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 09:45:38

最初に「国際的じゃない」云々と言い出した>>96は批判しないんだな

本人だろうけど

102名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-01 18:36:16

日本の社会科学ってレベル高かったんだ…

116名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 09:42:26

>>98が地方出身者の田舎者なのは確定のようだ。

>>102

そもそも国際比較が難しい分野な気もします。

104名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-01 18:44:53

フランスはノーベル経済学賞受賞者いるが日本はゼロ

109名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 00:09:13

>>104

英語で論文書いてかつ欧米の学会で認められないと取れないから、

日本人には圧倒的に不利。

戦前にノーベル経済学賞が存在していたとしても、

高橋是清ですらノーベル賞は取れなかっただろう。

110名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 00:49:31

>>108

横レスだけど、乱読でいいと思うよ。一番まずいのは思想とかが偏る事じゃないのかな。

どうせ古典読む暇なんて学部生の頃にしかないんだ。

学部生は色々な事に触れてみるのが一番だと思ふ。

>>109

今のまともな日本人の経済学者で英語で読み書きでかないやつなんていないのでは。

英語できなきゃ漁れる資料も限られるし、経済なんて日本だけでやってるんじゃないんだよ。

引き篭もりの無能国士様のいいわけにしか聞こえませんが。

112名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 05:38:39

>>110

>引き篭もりの無能国士様のいいわけにしか聞こえませんが。

へー理系が読解力ないのってほんとだったんだ

119名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 10:12:55

>>117は>>96を「日本だけ」とでも解釈したんだろうか。

国際的ではない=日本だけである

どれだけ日本特別視してるんだ?ほんと国際的じゃない。

121名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 10:22:29

>>119

日本とドイツ以外で文系・理系を区別する国はどこがあるの?

122名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-03 10:30:23

>>121

宛先誤ってる。

138名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-08 03:39:47

>>121

韓国

142名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-08 21:45:22

学問体系にしても「理系と文系」という分類をする国は「珍しい」かも。

↓みたいに「日本だけ」とは言わないが。

199名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-25 03:52:39

>>142

経済学はアメリカでもイギリスでも文系

145名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-09 14:47:00

日本しか知らないくせに「○○な文化があるのは日本だけ!」と真顔で言う奴は何人もいる

149名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-10 12:32:38

>>145

いるにせよ珍しいな。多くは「アメリカ=世界」な奴。>>98が近いロジック。

まあ、これはそもそもアメリカは(学生を理系&文系で分ける)例として不適切だったんだけどw

150名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-10 20:45:49

>>149は>>98が>>96への反論であることを無視してるね。

文脈が読めずに揚げ足だけ取る典型的な理系バカ。

163名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-14 02:34:50

>>150

まさに>.98が>>96への反論になってないからバカにされてるンジャン。

なんで 世界的である=日本だけではない になるんだ?w

154名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-13 03:30:49

んなもん、いかにパレート最適な社会を創造するかでしょ。

157名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-13 11:47:32

検証は出来ないけど、経済学の世界ではそれを目指してるんでしょ。だから目的関数と制約式があるわけで。まあ限りある資源をいかに効率的に分配するかともいえる。

158名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-13 13:14:00

>>154、>>157のレスはどこまで経済学者のコンセンサスを得ている考え方なの?

160名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-13 17:59:35

>>158

マクロではほぼ100%といってもいいかと。結局、モデルの均衡がパレート最適か、そうでないなら何がどういった影響でパレート最適ではなくしているのか、というのがマクロの論文の基本。

対象とるものが労働市場だったり、資本市場だったりするだけで基本は同じ。目的関数と制約式でモデルを作って、それの解の性質を分析して、計量で実証して、最後にそれらしいことをインプリケーションだとかで述べればお仕舞い。

162名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-13 21:13:18

>>160

計量の「実証」と「検証」ってどう違うんだ?

164名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-14 07:57:33

>>163

ちなみにどういう書き方なら真っ当な>>96への反論になるの?

試しに書いてみてよ

166名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-14 20:27:02

>>164

そりゃ理文分け履修する多くの国か1つでも2つでもいいから地域(欧州とか、東アジアとかってレベル)を挙げる事でしょ。

204名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-26 12:39:27

>>199

なんだそのドメスティック思考は。英米には 理系・文系 ってコース分けがないだろ。

201名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-25 05:29:35

ところで現代の有望産業とは?

202名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-25 08:06:07

>>201

このご時勢、輸出産業ではあるまい

第一にはやはり金融であろうし、鉄鋼業などの輸入産業ではないかな

207名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-26 14:23:56

>>202

経済音痴

209名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-26 17:10:02

>>204

経済学が文系かどうかの話にコース分けは関係ないだろ低脳

224名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-30 01:04:14

>>209

なんで?

経済学が(学問としてではなく)どちらのコースに属すか、って話だよ。

229名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-31 07:39:39

クルーグマン

「過去30年間のマクロ経済学の大部分は控えめに言ってもとんだ役立たず、悪く言うと明瞭に有害」

ロバート・ソロー

「マクロ経済学はデータに厳密な注意をほとんど払っていないことが顕著で・・・

このモデルの経験的な実績には穏やかな懐疑でも乗り越えれそうなものは何も無い。

もっと確かなことは、重大な政策の分析について、こうしたモデルに依拠する正当な根拠は何もない。」

231名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-31 10:59:53

政治学が紛れ込むから文学的になるのかな。

234名無しさん@お腹いっぱい。2011-08-31 14:26:00

>>231

理系コンプが紛れ込むから衒学的になるのかな。

242名無しさん@お腹いっぱい。2011-09-03 00:41:30

経済学は前提からして実証されてないオナニー学問だからな

262名無しさん@お腹いっぱい。2011-09-08 21:53:08

野中宣誓はご病気につき論文に同意しないと切れるからご注意

283くろしろー2011-09-09 21:08:56

まあ今日は使えんのが出てるから俺もこの名前使っちゃう。

価値は本当に下らん。

バカが知ったかぶりするのは醜いな。

まあ資本と労働力の商品化だけはいいアイディアだ。

協業とか機械とかは一面的すぎる。

もっと効用もあるもの

その矛盾を記述できないマルクスは所詮二流。

労働価値説と剰余価値説はねソープに行って賃下で挿入しましたってそういう感じ。

あーアカポスの座がワーキングプアーに近いんで断念したら

網生き甲斐が消えたよー。

女買っても無理だな。

288名無しさん@お腹いっぱい。2011-09-10 07:35:04

>>283

息災で何よりだ。やはりお前だったか。

>>275,>>276,>>278は誰が書いたか、お前ならわかるだろう?

久しぶりに覗いてみて、面白そうなのがあったので、書いてみた。

370名無しさん@お腹いっぱい。2012-07-30 18:47:47

思いっきり文系なんだし、数学で食っていけるわけがない。

工学部や数学科ですら数学だけで食っていくのは厳しいのに。

373名無しさん@お腹いっぱい。2012-08-15 18:01:23

>>370

経済学部は落ちこぼれ理系の避難所じゃないよ

文系を名乗るなら社会学くらい真面目に勉強しようね

374名無しさん@お腹いっぱい。2012-08-20 03:59:21

>>373

そこがまさに問題だと思う。

彼らは実は経済の意味内容にはさして関心がなかったりするんだよ。

だから例えば、経済思想などには全く関心がない、もしくは解せない。

388名無しさん@お腹いっぱい。2012-08-24 14:53:24

>>384は>>385のこの言葉に返答すべき。

> そもそも数学的アプローチと社会学的アプローチは対立するものではないからなあ。

> 数学は道具で、社会学ってのは視点。

これは普通に誰でも思うことで、スレタイがそもそもおかしいことの

理由になっている。

393名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-16 22:37:37

経済学って社会学の一部だろ 違うと思っているからクソ理論が出るw

社会の基本は信用で 経済の基本も信用 需要と供給は二の次

信用を守るために企業は損してでもやらなくてはいけない時もある

定価とは信用を表すひとつの形 現在社会は定価社会 コンビニで

買い物をするとき いちいち価格交渉などしない 価格の安定化は

経済の基本的要求 石油も消費量に合わせて生産しているので基本

的には価格変動はあまり無いはずなのである しかし投機マネーに

よって激しく値動きしているのが現実

投機マネーの抑制は最も重要な課題だ

394名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-17 07:35:30

>>393

>社会の基本は信用で

社会学ではあまり「信用」という概念は使われない。

「信頼」という概念は最近よく使われるけれど。

ところで、上の引用は、「信用が社会を成立させている」という主張のように読める。

でも、信頼(信用)が社会の一部分を成立させているのはたしかだけど、

信頼だけでは社会全体を説明することはとうていできない。

社会の成立においてより重要なのは、意味の共有。

397名無しさん@お腹いっぱい。2012-10-17 16:26:04

いや>>394に対して言ったんだけど

415名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-23 07:05:25

いまの時代はマクロ経済学に数理を使い過ぎることが問題視されているのに。

確率論で世界に名を馳せた数学者でもあったケインズの警告はこの、「経済学では数理に頼ってはいけない」ということであった。

ケインズは、経済学が頼りすぎる数理を、「似非数学」(pseudo-mathematics)と呼んだ。

421名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-27 02:18:50

>>415

ケインズのどの著作のどこで、もしくはどの口頭報告でそういう発言がでたのか

具体的に教えてください

431名無しさん@お腹いっぱい。2013-02-02 11:59:53

>>421

ケインズ一般理論の原書にはpseudo-mathematical methodとして2か所出てくる。

ひとつは275ページの下のほう。

ピグーの手法を激烈に批判しているところ。

もうひとつは297ページの下から3分の1ぐらいのところ。

今でいう主流派経済学に当たるやり方を激烈に批判しているところ。

一般理論はケインズが情熱的に語っているから俺みたいに英語がわかる高等な人間にはこれほどおもしろい本は他にそうそうはない。

425名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-27 22:10:01

マーシャルが数学の利用に批判的だったのは知ってるが、ケインズが

そうとは思えないな。ラムゼーをべた褒めしてたし、そもそもEconometric

Societyの創設メンバーの一人で、計量経済に大きな関心を持っているという

コメントもある。

Econometrics blog with EViews applications Econometrics is fun!

427名無しさん@お腹いっぱい。2013-01-28 12:58:55

>>425

「数学の利用に批判的」と「計量経済に大きな関心」は両立可能だが

433名無しさん@お腹いっぱい。2013-02-02 12:06:25

>>431

>一般理論はケインズが情熱的に語っているから俺みたいに英語がわかる高等な人間にはこれほどおもしろい本は他にそうそうはない。

さすが岩波文庫の読書感想文書いてれば研究してると言われる分野のクヲリティは違うな…

英語で読むと高級なんだ?学説史のクヲリティヤバイwww

435名無しさん@お腹いっぱい。2013-02-02 12:11:16

>>433

悔しいの?結局そんな部分にキレる程度の実力なんだからマクロ経済学は君レベルには無理。

436名無しさん@お腹いっぱい。2013-02-02 12:19:57

>>435

悔しい?学説史にはむしろ憐憫の情しか感じない。

しかし学説史やってるとマクロ経済学やってる気分になれるとは驚きの新発見だわw

まあ、おまえは一生、岩波文庫を読んで日本語で読書感想文を書いてればいいと思うよ…

穴からでてくるなよ、臭いから

437名無しさん@お腹いっぱい。2013-02-02 22:19:31

>>436

君のはいかにもせいぜい三流大学出の低IQっぽい文章ですな

438名無しさん@お腹いっぱい。2013-02-02 23:15:14

>>437

三流大出がえらそうに

454名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-25 22:19:24

自民党の教育再生実行本部(遠藤利明本部長)が理数教育の充実策として、文系を含む

すべての大学入試で理数科目を必須とすることや、小学校の理科の授業をすべて

理科専門の教師が行うことを提言することが24日、分かった。

【経済政策】大学入試…文系でも理数必須、小学理科…専門教諭が授業 自民教育再生本部が提言[13/03/25]

455名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-26 08:11:51

大学の入試試験は、英語、数学、物理、小論文を基礎科目にして後は学科ごとに足すみたいなのがいいと思うね。

456名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-27 22:08:17

>>455

いや物理はないわーw

それくらいならまだ化学の方が

457名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-28 14:01:54

>>456

なんで

458名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-29 06:09:23

>>456

高校の化学って、量子論使わないから意味がない

軌道(orbital)って概念すら出てこないし、ハミルトニアン、波動関数、

シュレーディンガー方程式使わないと、化学なんて本質理解できない

それよりは、高校時代は物理と数学をしっかり学んで

大学で量子化学を勉強してから、有機化学とか分析化学とかやればいい

463名無しさん@お腹いっぱい。2013-03-31 01:56:00

>>458

高校の物理だって微積使わないじゃん

467名無しさん@お腹いっぱい。2013-04-02 08:46:28

>>463

高校の物理は微積使わんけど、大学で微積使って

高校で使ってた公式を全部ニュートンの運動方程式から導くでしょ

だから、無意味じゃないよ

高校は微積使わないで、公式天下りで使うけど、大学で接続される

しかし、化学の場合、ケクレ構造だのルイス構造だの覚えても

結局、シュレーディンガー方程式解いて波動関数求めないと、何も分かったことにならない

だから、断絶があるんだよね

499名無しさん@お腹いっぱい。2013-12-30 01:33:01

コースの定理と俗に呼ばれるものがコースの意図を全く理解していないトンデモだって最近知ったわ。

コースは外部不経済を民間に任せることはできないと言ったのに真逆の結論が流布されて。

503名無しさん@お腹いっぱい。2014-03-18 22:45:00

>>499

どういう論旨で?

権利の設定は政府にしかできないから、民間に任せられないという意味?

525名無しさん@お腹いっぱい。2015-05-31 19:23:15

スレ主は社会学が何なのか、わかってないのかな。

社会学はアンケート調査し、それを統計処理して、結論を導く計量的・実証的学問だよ。

数理ではないかもしれないが、思弁的・記述的学問ではないよ。

全然、イメージしてるのとは違うけどね。

528名無しさん@お腹いっぱい。2015-06-18 00:47:48

>>525

計量系の社会学だけを社会学とか言っても

533名無しさん@お腹いっぱい。2015-06-28 23:19:29

>>525

アンケート調査の実施方法で恣意性が入り込む余地は十分にあるんだけどね

あと、調査結果のデータの処理、解釈の部分で恣意性も入り込む

529名無しさん@お腹いっぱい。2015-06-27 05:10:16

>>528

思弁的な社会学だけを社会学とか言っても

530名無しさん@お腹いっぱい。2015-06-27 05:33:26

>>528 >>529

それを言い出すと、

「数理経済学だけを経済学とか言っても」とか、

「実証経済学だけを経済学とか言っても」とか、

色々言えるわなw

531名無しさん@お腹いっぱい。2015-06-28 00:57:53

>>530

>>525が正しい。社会学者に聞いてみるといいよ。

アンケート調査に基づく実証的研究が社会学の研究スタイル。

社会学を思弁的・記述的学問とするのは経済学研究者、特に主流派に批判的な連中、によくみられる誤解。

534名無しさん@お腹いっぱい。2015-06-29 07:52:34

>>533

うむ。確かにそれはある。しかし社会という実体がはっきりしないものを研究するのに、確たる方法論も持たず、抽象的思弁や記述的説明だけだとどうなるか。

学問とも言えなくなるだろう。だから社会学はアンケート調査とその統計処理という方法論を採用した。さまざまな欠陥を持つにしろ、それが彼らの現時点で選びうる最良の方法だからだ。

以上のことを社会学を持ち出し、主流派経済学を批判する連中はちっともわかっていない。私が指摘したいのはそれだけ。数理的方法をとらないなら、別にそれは構わないが、せめて事実ぐらいはちゃんと抑えてほしい。

まじめに社会学をやってる連中からしたらいい迷惑。

536名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-01 05:45:39

>>534

>抽象的思弁や記述的説明だけだとどうなるか。

>学問とも言えなくなる

法学が、そういう思弁的で記述的な説明だけなんだよな

537名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-02 06:22:50

>>536

法哲学などはそうかもしれんが、それ以外は違う。判例を元に事実を重視した学問。

法哲学も英米流なら言語哲学に基づいて、抽象的思弁の罠に落ちいらないように細心の注意を払っている。

「社会学的な経済学」とは似て非なるもの。

546名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-07 14:56:50

>>537

>判例を元に事実を重視した学問

判例が、思弁的で抽象的で、事実から遊離した価値判断なんだけど

544名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-02 21:43:08

自然科学の計量の歴史と比べて、まだ始まったばかりじゃないの。

557名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-10 09:17:35

>>544

むしろ経済学の計量(計量経済学)の方が自然科学の計量より

よっぽど高度

565名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-11 15:32:23

>>557

ないないないw

それは夜郎自大すぎる

567名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-12 09:46:54

だな。>>565とかは自然科学で使われる数学が社会科学より使われる数学より

低レベルなわけがないという固定観念を持っているんだろう

566名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-11 17:31:27

ん?一般に自然科学系の計量より社会科学系の計量の方が高度だよ

物理学なんか典型だけど、実験室で質のいいデータが取れるから

大した統計学使う必要もないし、実際物理学者の統計リテラシーは低い

570名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-13 16:24:44

>>566

物理学も理論物理バリバリの場合、経済学より厳しいと思うよ

俺、量子力学やってたが、経済学じゃやらんことも多いし

でも、実験物理学とか化学、生物学系は経済学より数学使わんと思う

572名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-17 08:33:45

>>570

あくまでも統計系の範囲内でってことでしょ。

数学一般だったらさすがに、経済は物理に遠く及ばんでしょ。

576名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-18 06:33:22

>>572

物理に関していえば、数理物理学、特に超弦理論なんかは数学者で研究している人が結構いる。

学会に行くと超弦理論のセッションはほとんど数学者が集まっている、ってことも珍しくない。

フィリーズ賞も最近は数理物理がらみが4割近い。

この分野と比べると数理経済学は多くの数学者の関心をひかないという意味で「遠く及ばない」。

しかし物理といえど他の分野は数学はそれほどでもない。使われる数学の違いはあれ、使い方のレベルでは経済学と大差はない。

調弦理論を嫌う物理学者は結構多い。実験が伴わない数学的論証だけ、あれは物理学ではない、という人多い。

事情は経済学と似ているね。もっとも物理学の場合、調弦理論ぐらいが批判の対象だが、経済学の場合、ほぼ全分野が数学的論証だけ、だからね。

もっと実証系に力を入れる必要があるね。

577名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-18 07:58:07

>>576

超弦理論絡みだと、E・ウィッテンみたいに

フィールズ賞取ってる物理学者もいるしね。

経済学者でフィールズ賞なりアーベル賞なりを狙える人は、

さすがにおらんやろ。

581名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-18 10:31:21

>>577

そのウィッテン、大学院で経済やってたときキックアウトされただろ

578名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-18 08:13:39

経済学は数学者がやるには難しすぎる

だからファイナンスみたいな確率論わかってりゃ簡単なものくらいしかやる数学者しかいない

580名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-18 09:10:21

>>578

難しいかどうかというより、センスがあるかどうかってことなんだろうね。

いくら数学ができても、社会現象への感性がなければ、しょうもない。

まあ、自然科学でも同じではあろうが。

586名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-18 20:05:32

超弦理論の数学的基礎で貢献してきた数学者のアティアーが言ってたな。

「数学の応用という点では物理学を於いて他にはない。経済学や経営学で使われる数学は非常に浅い。数学の本当の応用は物理学にあるのです。」

この言葉は正しい。少なくとも数学者の視点から見れば、物理学はやる価値があるが経済学はないだろう。

ただし>>580が言うように、数学者が経済学の領域に入って貢献できるかというとそれは無理だろう。

要は数学との結びつき方において物理学は経済学より密であり、だから数学者は物理でより活躍できるということ、これに尽きる。

582名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-18 14:38:00

>>581

経済学やってて中退したことは知ってるけど、

あれって、「キックアウトされた」ってことなの?

584名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-18 17:56:58

ウィッテンは物理学者を名乗ってるけど数学者みたいなもんだからなぁ

数学者にとっては

経済数学を研究するのは「都落ち」とみなされるけど

物理数学を研究するのはそうはみなされない

結局はそういうもんだろう

614名無しさん@お腹いっぱい。2015-07-19 21:59:24

ま、経済学やってるなら、会計士の資格取る方が良いよ

主計将校になれると思うんで、最前線で突撃とか、特攻隊には配属されない

第二次大戦の日本でも、経理学校出て短期現役なんてのが

文系では唯一の・・・兵役逃れではないが、後方部隊に行ける手段だった

618名無しさん@お腹いっぱい。2015-08-21 15:24:59

>>614

経済学と会計学は別物すぎるからなぁ

会計学は法学部に入れた方があってると思うわ

619名無しさん@お腹いっぱい。2015-08-22 02:30:32

>>618

いや、会計学は会計学だよ

やはり、お金の動きだから経済学の部類に入る

もちろん、法律とか税制にも関連はあるけど

それは、財務会計、つまり、税務署とかに提出する財務諸表の話であって

管理会計、つまり、企業内部の経営のための資料は、法律とかより

純粋に経済学的、あるいは、経営学的な観点からのアプローチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする