次世代資源総合【メタンハイドレート】

1名無電力140012012-06-18 12:10:38

メタンハイドレート

http://ja.wikipedia.org/wiki/メタンハイドレート

オーランチオキトリウム

http://ja.wikipedia.org/wiki/オーランチオキトリウム

人工光合成

http://ja.wikipedia.org/wiki/人工光合成

6名無電力140012012-06-26 00:14:07

総合とメタンハイドレードのどっちのスレ?

7名無電力140012012-06-26 05:58:33

>>6

総合です。

17名無電力140012012-08-21 16:36:50

天然ガス(メタンハイドレート)を調査する技術を2015年度末までに確立する。

海洋資源調査、15年度技術確立=沖縄、伊豆、南鳥島海域など—文科省

沖縄や伊豆・小笠原、南鳥島海域などで、鉱物資源の分布と埋蔵量を調査する技術を2015年度末までに確立するとの

ロードマップ(行程表)を文部科学省がまとめ、20日開かれた科学技術・学術審議会の海洋鉱物委員会で明らかにした

商業採掘が期待できる鉱床の情報を、18年度に石油天然ガス・金属鉱物資源機構や民間企業に提供することを目指している。

これらの海域では、金、銀、銅などを含む海底熱水鉱床やレアメタル(希少金属)のコバルトを多く含む岩の塊、

レアアース(希土類)を多く含む泥などが見つかっている。しかし商業採掘には、形成過程をある程度解明し、

規模や採算性の面から最も有望な鉱床を探す必要がある。

海底の地形や地下構造、鉱床探査の手掛かりとなる海水成分などを高い精度で測定するセンサーの開発には

さまざまな大学や研究機関が取り組んでおり、文科省は各技術を統合する中核機関を公募で選定する。

年5億円以上を投じて3年間で実用化し、民間企業に技術移転できるようにする。

18名無電力140012012-08-22 23:53:38

>>17

>年5億円以上を投じて3年間で実用化し、民間企業に技術移転できるようにする。

ムリムリ、その程度の金額で出来るなら、とっくの昔に民間でやってますゥ。

しかも、その金が研究開発の末端の実行部隊に渡る訳じゃないしね。

研究開発の末端実務に直接投入されるのは数分の一。二、三十人分の人件費。

金を掛ければ出来るってもんじゃないが、掛けなけりゃ出来っこ無い。

27名無電力140012012-10-13 16:12:12

【青山繁晴】復習、青山とメタンハイドレートの歩み[桜H24/10/12]

29名無電力140012012-11-02 22:04:27

メタンハオドレード大いに結構だが、

石炭の方がはるかにコストが安く日本にも広く分布している件

30名無電力140012012-11-02 22:27:00

>>29

>石炭の方がはるかにコストが安く日本にも広く分布している件

露店堀の場合、事故の可能性は少ないけれども、坑内掘の場合、落盤、ガス爆発、出水etc.と色々な事故が発生するリスクを負う

メタンハイドレートの場合、現時点で考えられる事故は船で採取した場合、急激な気化によって大量の泡が発生しての沈没かな?

48名無電力140012013-03-20 23:49:51

東日本大震災と大津波を誘発のメタンハイドレートのガス化の原因だが、

近年、特に原発が増加に比例し日本近海が約2℃昇温(世界の2倍)

なぜ、世界一大きく海流の流れが激しく寒流が交わる太平洋が、逆に2倍も昇温したのか?

それは世界の工場として日本が、最も温排水を海に流したからだ

特に原発の温排水は水中放水のため、海面からの蒸気放熱し難く海中に長く蓄熱される

さらに、黒潮の荒波、黒潮と親潮の衝突渦により海底を昇温

この昇温で、メタンハイドレートがガス化したのだろう

実際に、東日本大震災の震源地が黒潮と親潮の衝突渦地点なのがその証だろう

53名無電力140012013-03-21 18:54:06

>>48

>日本近海が約2℃昇温

メタハイがガス化したとしても海水表面の温度上昇は無関係

深海の温度上昇は<0.1℃でしかない。

49名無電力140012013-03-20 23:55:19

他に、海底の昇温など日本周辺の地殻表面が熱膨張し歪が大きくなった事も、東日本大地震を誘発し酷くさせた

52名無電力140012013-03-21 16:39:58

遠戦志向理論と排他的経済水域の範囲まで考えたら、メタン地震兵器(仮)に実施可能性があっても兵器として運用するのは無理ジャマイカ

57名無電力140012013-03-22 05:39:21

>52

核武装は、運用できるが使えないのが実態。まさに張り子の虎。

メタン爆弾も使用は無理だが、エネルギーとしては利用可能だろう。高いかもしれないが。

張り子の虎よりガスコンロやガスエンジン発電機のほうが実用性で勝る。

58名無電力140012013-03-22 06:45:24

>>57

つまり、運用できない分だけ核兵器に劣るのね・・

67名無電力140012013-03-31 20:58:28

採掘技術も必要だが、利用するめどはあるのかね?

石油とかガスみたいなもんらしいし

メタハイ自動車、メタハイ発電機、メタハイコンロとか

そういうもんを今のうちに開発しておかんとね

68名無電力140012013-04-01 00:57:02

>>67

一般の都市ガスや、液化天然ガス、圧縮天然ガスは、全部メタンが主成分の調整ガスだろ?

新たに開発しなくても、そのまま使用できるんじゃね?

天然ガスの発電施設にも流用可能だし、一応、有機化学製品の原料としても流用できる

現実に流通してるシェールガスも、発見当初は、石炭と比べて採算が合わないから

百年近くもスルーされてたんだよね

採掘技術が発達して、採算がとれるようになったから商売として成立してる

メタンハイドレードも、採掘技術の発達次第だということ

個人的には、ガス業界じゃなく石油業界が主導権を握って欲しいと期待してる

現状のガス業界が資源を自給したら、安全なものまで危険になりそうだ。

75名無さん140012013-09-22 10:36:58

>>67

メタハイも、立派なメタンガスなんだが・・・

82名無電力140012013-09-24 22:59:34

つっこんみる

朝日新聞デジタル (経済ナビゲーター)海底資源■期待集まる「燃える氷」

Q 課題はないの?

A 海底から取り出すのにお金がかかることが一番の問題だ。愛知県の渥美半島沖でメタンハイドレートの産出に成功した話は

前にしたよね。専門機関の試算では、海底にあるメタンハイドレートをガスとして取り出すには、1立方メートルあたり46〜174円

もかかるという。陸上から掘削できる米国の天然ガスの価格(約10円)に比べるとすごく割高だ。技術的には取り出せるように

なっても、採算がとれないと商業化はできない。これからの技術開発でコストをどこまで下げられるかがカギになるね。

(この項は鈴木友里子が担当しました)

これって、気化して膨張すれば1㎥あたり0.28〜1.06円という計算になるけど、記事がミスリードしているよね。

85名無電力140012013-09-25 10:27:30

>>82

てかさ、それって

「メタンハイドレートをガスとして取り出すには、1立方メートルあたり46〜174円 」

って時点で、既にガスになってるって日本語なんだけど・・・

molも知らないバカってこと?w

86名無電力140012013-09-25 16:52:04

>>85

日本語の理解を求める時点で、チャベツ(差別)ニダ!

90名無電力140012013-10-06 23:29:09

10月2日 メタンハイドレード"日本海連合”の動き

150名無電力140012017-06-19 10:56:16

2017/06/06

レアメタル鉱床、近海にも=房総沖の海底で発見−海洋機構など

157名無電力140012017-09-28 09:07:18

2017/09/26

【経済】海底熱水鉱床から鉱石引き揚げ、世界初の実験に成功 沖縄近海1600メートル、商業化に向け前進 c2ch.net

http:// as★ahi.2ch.net/test/read.cgi/ newsplus/1506429424/148