最低賃金を上げると景気が良くなる アメリカで実証

1名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-04 10:54:52

メンジー・チン「最低賃金引き上げのマクロ経済的な意味/信念と計量経済学:最低賃金の巻」

最低賃金引き上げのマクロ経済的な意味 Menzie Chinn “Some Macro Implication…

CBOの中間推計に関して、このゴールドマン・サックスの報告書の著者らは次のように述べている。

我々の考えでは、2つの理由からCBOの推計は妥当な推計値の上限側にやや偏っている可能性が高い。まず一つ目の理由として、

別紙3にあるように、多数の経済研究が統計的に有意な効果はないとしていることがある。またもう二つ目として、需要効果がとりわけ

叫ばれるのは、政策金利が既にゼロ近いにも関わらず経済が未だ大きく沈滞している現状においてである。結果として、支出に回す

所得の割合が比較的高い傾向にある低賃金労働者の所得を上昇させることは、必然的に通常時よりも(最賃引き上げによる労働需要

減少を相殺する)大きな効果をもたらすのである。

つまり、金利がゼロ下限にありかつ不景気である時には財政政策の効果が大きくなるのと同じ理由から[1]、最低賃金の上昇による

労働者所得の拡大は大きな効果を持つ場合があるということである。

私は今学期計量経済学を教えており、最低賃金研究におけるいくつかの優れた研究が、内生性をコントロールするより近年の(が、

もはや新しいものではない)アプローチとどのように一致するのかを見てみるのを興味深く思っている。とりわけても、ニュージャージーの

最低賃金引き上げを研究したカード&クルーガー (AER, 1994)のような準自然実験の使用がそうだ。この事例において、彼らは差分の

差アプローチ(DID)を用い、最低賃金導入後のニュージャージー州とペンシルバニア州の間の雇用成長の差がどのように変化したかを

検証した。カードとクルーガーは、ニュージャージー州が最低賃金を引き上げた際に雇用成長に少々の上昇があったことを発見した。

ゴールドマン・サックスの報告書において述べられているように、このところ多くの州が最低賃金率の引き上げを行っており、

これらの変化は一連の準実験となる。早期の結果についての彼らの評価は次のとおりだ。

(略)1月の州レベルでの給与データは、州レベルでの最低賃金引き上げによるマイナスの効果を見せてはいない。

直近での平均と比較して、2014年の年明けから引き上げを行った州のグループは、引き上げを行わなかった州よりも

実際には優れた結果を残した。これはほんの1か月間のデータだけではあるものの、全国レベルでの最低賃金の引上げに

よるマイナスの効果は、それが存在するとしたところで標準的な変化よりも比較的小さいものである可能性が高いことが示唆される。

著者らはまた、最低賃金上昇のインフレに対する効果についても1990年以降のデータを使った事例分析を行っている。

彼らは、個人消費支出によるインフレ率に対する目に見えるレベルでの効果についての証拠は何ら発見できなかった。

彼らの最良推計値は、10.10ドルへと最低賃金を引き上げてから3年が経過した時点で、物価水準に0.3%の上昇があるというものだ。

雇用に対する影響はごくわずかな一方で、賃金の上昇は多くの人に対して起こるため、低賃金労働者への分配率の上昇が促される。

格差への影響に関する懸念が口だけのものでないのであれば、最低賃金はそれに取り掛かる端緒としては妥当なものだと思われる。

2名無しさん@お腹いっぱい。2014-06-04 11:50:55

これに関しては昔からいろんな実証があるが、コンセンサスはないだろ

サーベイ論文もいくらでもあるんだから、経済学板なんだったらそういうのを貼れよ

16名無しさん@お腹いっぱい。2015-03-06 21:47:49

>>2

最近は世界中で最低賃金引き上げやってるしコンセンサスとれてると見ていいんじゃね?

10名無しさん@お腹いっぱい。2014-07-17 14:38:53

だとすると、市場に任せておくと、結果みんなが損をするってこと?

11名無しさん@お腹いっぱい。2014-07-24 09:19:18

>>10

市場っていうのは、完全競争にはならない

見えざる神の手というのは完全競争が前提となっているが、実際に市場を動かしているのはロボットではなく人間なので、人間の意識が介在することによって談合や寡占による利益独占などが生じることになる

だから法律によって世界中で独占禁止してるわけだ

法規制がなくなったら、たぶん19世紀に逆戻りするだろうね

12名無しさん@お腹いっぱい。2014-07-29 07:39:17

世界中でインフレ政策やってるときに日本では平均賃金の下落が起きてるからなぁ

賃金が上がらないだけでも相対的なデフレなのに下落してたらもっと悪いことになる

13名無しさん@お腹いっぱい。2014-07-29 15:50:52

所得が上昇しているから最低賃金を上げることができているというのが正しいだろうな。

リーマンショックとか大恐慌の時に最低賃金を引き上げる州なんかまずないだろ。

25名無しさん@お腹いっぱい。2015-10-03 23:27:12

所得を増やせば景気が良くなるのは皆知っているが それでは金持ちが面白くないんだよ

仕事と給料を恵んでやっていることにならなくなってしまう 金持ちはできれば失業者と貧乏人が

多いほうが優位性が大きくなるから失業者が増えるようにしたがっている それが資本主義だ

29名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-23 11:09:10

>>27

最低時給をどんどん上げ対外純資産を減らし360円/ドルに戻るまで上げ続ける

GDP/人は世界一にし、財政赤字も解消しましょう

▼対外純資産を世界ダントツに膨らませるとは、政治家経営者エコノミスト全てが無知無能の結果です

日本の技術競争力は世界一なのに「GDP(PPP)/人」は世界29位と低迷、

日本国民は哀れで不幸ですね

30名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-23 17:52:51

賃金の地域格差はどうするんだ?

求人の都道府県、市区町村別平均月給ランキング

1位、東京都 – 224,400円

2位、神奈川県 – 217,600円

3位、埼玉県 – 210,700円

45位、沖縄県 – 166,600円

46位、岩手県 – 165,000円

47位、秋田県 – 162,600円

日本全国各地、都道府県別、市区町村別、転職・求人情報の平均月給ランキング。

日本全国の平均最低月給194,200円

提供: http://goo.gl/bMEhl7

31名無しさん@お腹いっぱい。2016-03-24 18:25:16

>>30

東京だと、駐車場代が月4万円したり、家賃その他も高いので、単純に同一にするべきでないし、

また、そうはならない。

逆に沖縄は月給は低いが物価も安いし。

58名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-14 00:33:44

人口過疎地が増えている、日本の国土が狭いと言いながら、おかしなことですね

東京に企業が集まるのを防ぐことが不可避です、そのために東京の最低時給をどんどん上げることです

国土の有効活用には必要なこと、日本景気もかなり良くなります

日本の対外純資産は世界ダントツに膨れ上がっている、対外純資産をゼロにすれば日本の景気は世界トップになるでしょうね

何で膨れ上がったのかが理解できれば分かるはずです

60名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-14 06:12:30

>>58

東京の最低賃金を上げると東京一極集中が是正されるというのは、

最低賃金の膨張による費用負担がかさむので、

企業が東京から逃げるという理屈でしょう。

同様の理屈に基づくと、日本の最低賃金を上げると

企業が日本から逃げるということになると思いますが、

そのことと、日本の最低賃金が上げる景気回復がなるという主張

(http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/11.10.4.htm)は、

どう両立するんですか?

61名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-14 11:22:59

>>60

日本の対外純資産は366兆円と世界ダントツに膨れ上がっている

だから賃金上げるのは当然、上げないから対外純資産は増え、景気低迷の根源なのです

なんで対外純資産は膨れ上がったのか、考えてみてください

62名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-14 12:37:07

>>61

日本の賃金が上がることは、海外からの日本への投資を減らす要因になり得ます。

海外からの日本への投資が減ると、対外純資産は増えます。

従って、賃金が上がると対外純資産はむしろ増えるようにも思いますが…

貴方の説に従うならば、この論理が間違っていることになりますが、

どういう点が間違っているのでしょう?

63名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-14 18:59:51

>>62

>海外からの日本への投資が減ると、対外純資産は増えます。>

海外投資など対外純資産の増減には全く関係ないですよ、

対外純資産のご理解がないようですね、勉強していただきたい

64名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-14 20:38:36

>>63

無能

65名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-14 20:47:07

>>63

対外純資産5年ぶり減少 15年末、海外 からの投資増加 :日本経済新聞

日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

66名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-15 00:12:24

>>64-65

対外“純”資産は投資などでは変化しませんよ、勉強していただきたい

“純”がついているのですよ、これを忘れないようにしましょう

68名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-15 06:06:30

>>66

それでは、仮に対外純資産が投資によって変化しないとして、

それにもかかわらず、最低賃金が上がると変化するのはどうしてなのでしょう?

76名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-16 15:16:26

>>75

最低賃金を上げた結果として輸入が増えると仮定すれば、

対外純資産が減っていく可能性はわからなくもない一方、

それでGDPが増える理由がよくわからないのですが。

77名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-16 15:58:19

参照ください(2013年のデータ)

▽日本:対外純資産325兆円(世界1位)、外貨準備高1兆2200億ドル、「GDP(名目)/人」26位(38,551ドル)

▽中国:対外純資産207兆円(世界2位)、外貨準備高3兆8800億ドル、「GDP(名目)/人」86位( 6,993ドル)

▽ドイツ:対外純資産192兆円(世界3位)、外貨準備高1985億ドル、「GDP(名目)/人」19位(46,386ドル)

▽米国:対外純資産赤字 ▲482兆円(世界最低)、外貨準備高4485億ドル、「GDP(名目)/人」11位(52,615ドル)

対外純資産世界一“赤字”の米国は黒字国よりかなり高いですね、これを考えていただきたい

78名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-16 17:25:08

>>77

その順位とやらは何カ国中なのかも気になるが、 少なくとも86カ国はあるとすると、

対外純資産一位の日本が、一人当りGDP26位って時点でチェリーピッキングすら失敗してるぞ

91名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-18 13:27:43

>>89

>>84のデータの話に対して、お前は>>85を返したわけだが

>>85の技術競争力とやらのデータは?

技術競争力とらを制御したランキングは?

お前がデータをださずに話してるから、俺はデータ出せって言ってるの

とぼけてないなら、ぼけとんのかハットリじじい

94名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-19 11:14:00

対外純資産黒字国は最低時給を上げてゼロにする、

自国の景気も世界の景気も良くなるのです、このため、TPPやユーロやマイナス金利などではなく

※「対外純資産ゼロ(外貨をためない)」を貿易ルールにしましょう

黒字国のみでなく世界景気も高揚します

95名無しさん@お腹いっぱい。2016-06-24 20:27:01

>>94

反応しろよ、クソじじい

壊れたんか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする